歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」

歩きが弱った方の脚の振り出しをアシスト

無動力の歩行支援機 ACSIVE(アクシブ) 弱った歩きの調子を整えます。

歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」って?

名古屋工業大学と今仙技術研究所の共同開発で誕生しました。

無動力歩行支援機器ACSIVE(アクシブ)は、名古屋工業大学 佐野明人教授が10年以上研究・解明してきた「受動歩行」理論に基いて作られました。電気やモーターなどを使わず、振り子の動きとバネの動きが作用して、脚の振り出しをアシストします。モーターバッテリの必要がなく、本体重量も550g(片脚用)と軽いのも特長です。ぜひ試着会で無動力歩行支援機ACSIVE(アクシブ)をご試着ください。

製品仕様

画像:製品仕様

よくあるご質問

価格はどのくらいですか?

1台18万円となります。一般的な歩行支援機よりも導入しやすい価格です。

購入前に試着はできますか?
はい。可能です。定期的に試着会を開催しておりますので、まずはご相談ください。
両足用はないですか?
2015年6月に発売となりました。ご希望の方には販売させていただけます。
どのように購入したらよいですか?

ACSIVE(アクシブ)の販売に関しては必ずご試着頂いてから購入をご検討いただいております。 試着会にご参加いただくか、もしくはお近くのACSIVE販売店をご紹介させていただきます。

介護保険や給付を使って購入できますか?
ACSIVE(アクシブ)は給付や保険を使って購入(レンタル)することはできません。
取り扱いは簡単ですか?
メンテナンスなどは基本的にはございませんので簡単にご使用いただけます。ご高齢者やおからだの不自由な方にもお使いいただけるように専門スタッフが詳しくご説明させて頂きます。

製品開発秘話

名古屋工業大学と今仙技術研究所の共同開発で誕生。

名古屋工業大学 佐野明人教授が10年以上研究・解明してきた「受動歩行」理論に基き、平成23年からモーターもバッテリーも使用しない受動歩行由来の無動力歩行支援機ACSIVE(アクシブ)の共同研究を続けてきました。

ACSIVE(アクシブ)は脳卒中などで片側が麻痺している、または足が上がりにくい方の歩行支援機として開発されました。人間の「二足歩行」原理を生かし、モーターやバッテリーを使用せず、重力とバネの力で歩きが弱った方の歩行イメージを取り戻すことをサポートします。

患者さまに試用頂き、改良を重ねてついに市販化されました。

これまで、患者さまにお試し頂き、改良を重ねてきました。今回、発売となる市販モデルは材料にカーボンを一部使用しているため550グラムと軽量で、デザインも大変シンプルです。
ACSIVE(アクシブ)とは、ACTIVE(能動的)とPASSIVE(受動的)の造語で、受動歩行( Passive Walking)由来のロボット技術が人々の生活を下支え、人々を明るく元気に、前向きに活発にするような想いをこめて命名されました。

ACSIVE(アクシブ)試着会の案内

お知らせにて最新の試着会案内を更新しております。

ACSIVE(アクシブ)に関する
問い合わせ先

TEL:0564-64-2773